英語リスニング勉強法【3つの方法を紹介!】

リスニングが出来ない、リスニングの勉強法が知りたい方にリスニングの勉強法、具体的な勉強のやっていき方などを紹介したいと思います。

リスニングが苦手な人はぜひご覧ください!

英語リスニング勉強法×3つ

一般的なリスニングの勉強法を3つ紹介したいと思います。

ディクテーション

これは聞こえてくる音声を一字一句書きとっていくものです。

集中して音を聞いて書きとらなければならないので1つ1つの音を聞き分ける力が向上します。

リンキング(音の連結による変化)を新しく知れたり、慣れたりすることも出来るようになります。(例えばget out。ゲットアウトがゲラウトのように聞こえるやつです。)

このような英語のリンキングを知る練習になるのでおすすめです。

シャドーイング

これは聞こえてくる音声を少し遅れて同じように声に出して真似ることです。

これは初めは結構難しいです。

シャドーイングは聞いた音を即座に理解してすぐに自分で発声しなければいけないので音を聞いてすぐに理解するという力が上がります

音声教材は音声とスクリプトがあるものであれば何でも良いと思います。初めは短い簡単な音声でやり徐々に難しいものをやっていくようにしましょう。

オーバーラッピング

これはスクリプトを見ながら音声と同時に声に出していく方法です。

実際にこの単語はどういう風に発音されているのか、リンキングはどのようになっているのかを意識しながら取り組むのが効果的です。

音声に倣って同じように真似てみましょう。

スクリプトを見ながら出来るのでシャドーイングよりは難しくはなく気持ち的に楽に取りくみやすいかと思います。

英語リスニングの勉強回数、順番について

上記で説明したリスニング勉強法の回数、やる順番について説明したいと思います。

1,2分の音声を使ってやる時、おすすめの順番は

  1. シャドーイング
  2. ディクテーション
  3. オーバーラッピング

の順番です。

補足
この順でやる理由は、例えばオーバーラッピングからやるとスクリプトを見るのでシャドーイングやディクテーションの意味が薄れるからという理由です。
  • シャドーイング・・・スムーズに声に出せるようになるまで繰り返す
  • ディクテーション・・・もう聞き取ることができないというところまで粘ってやってから答え合わせする
  • オーバーラッピング・・・5回程度やる

英語リスニング勉強法【その他の方法】

その他の英語リスニング勉強法を紹介しておきたいと思います。参考程度に見てみてください。

①スクリプトを50~100回程度聞く

たくさん英語を聞き、英語の音に慣れるというのが狙いです。

英語特有の発音に慣れるということが大事なので数をこなす必要があります。最低でも50回は聞いた方が良いと思います。

普段の生活で英語が受動的に耳に入ってくるというのは中々ないので自分で聞くようにしないといけません。

聞き流すだけでいいのか?と疑問に思うかもしれませんが当たり前ですがやらないよりはやったほうがましですし、意味が全くないことはありません。

勉強に疲れたというとき、気楽にやりたいときはぜひおすすめです!

ちなみに僕は模試問題集のリスニング問題をそれぞれ50回以上聞くようにしています。

②オーバーラッピング

↑の①が終わったら次はオーバーラッピング法を試していきましょう。

上でも説明したようにスクリプトを見ながら音声と同時に音読をしていくものです。

この①と②の順番でやっていく方法も僕はいつもやっています。

まとめ

リスニングの勉強法には様々な方法があります。

全部やってみても良いですし、自分がやりやすそうなものからやってみても良いですし、まずは1つでも試してみてください。

一番大事なのはやる勉強法を決めたらそれを毎日欠かさずやることです!特にリスニングは毎日継続して行うことがレベルアップに必須です。

英語のリスニングが出来ない原因【これが分かればリスニングが出来るようになる!】