英語のリスニングが出来ない原因【これが分かればリスニングが出来るようになる!】

なぜリスリングが出来ないのか?その原因をピックアップしていこうと思います。

リスニングが苦手だという方は当てはまる原因を突き止めて、今後のリスニング勉強の参考にしてみてください!

英語のリスニングが出来ない原因

英語のリスニングが出来ない原因をいくつか紹介したいと思います。

英語特有の発音の仕方に慣れていない

英語には特有の発音の仕方があります。

例えば音の連結による発音の変化(リンキング)

work it out (ワークイットアウト→ワーキナウト)

知っている人はすぐに理解できるとは思いますが、これを知らない人には何を言っているのか理解できません。

2つ目の例で言うとrとlの音の発音の仕方

rとlの発音の仕方を知らないと聞き分けることが出来ないので単語の意味を間違って理解して文の意味もおかしくなってしまいます。

このように正しい発音の仕方を知らないとリスニングが出来ないということを覚えておいてください。

補足
rを発音する時は舌は口の中で触れるものがないですが、lを発音する時は舌が歯茎にしっかり触れます。

覚えている英単語が少ない

やはり覚えている英単語が少ないとリスニングは難しくなります。

知らない単語は聞こえませんし、意味が分からないせいで文の意味が分からなくなったりして結果的にリスニングが出来ない原因となります。

また知らない単語が聞こえてきた時に、その単語を自分が知っている単語に置き換えてしまわないでしょうか?私もやってしまうときがあります。

これらを防ぐために英単語をある程度は覚えていることは必要だと考えられます。

英語の音の聞き込み量が少ない

そもそも日本にいると日常生活で英語に触れる機会というのは少ないですよね?

英語の音を聞いている量が少ない人よりも多い人の方が断然英語の音には慣れていますよね。

1日に聞く英語の量を増やして英語の耳に変化させていくことが重要です。普段リスニング勉強に使っているものを何回も聞いたりして慣れていきましょう!

英語のリスニングを得意にするための基礎力を付けていくことが重要です。

英語リスニングが出来ない英語力以外の原因

英語のリスニングが出来ない英語力以外の原因に

”音声が流れている場面を想像する力が足りない”

というのがあります。

リスニング音声がスタートしてから会話の場面がいつまでも想像できないと全体像が見えてこないので会話も何を言っているのかさっぱり分からない。

その会話はどこでされているのか、どのように展開していくのかということを想像するこができれば

推測しながら音を聞くことができるので内容が頭に入ってきやすいです。

この力は訓練するしかないのでリスニング教材を使って場面を想像する力を鍛えていきましょう。

少しずつ慣れていけば良いと思います。

まとめ

以上、リスニングが出来ない原因をいくつか挙げてみました。

英語のリスニングを得意にするためにやることは

  • 英語特有の発音の仕方を知る
  • 英単語をたくさん覚える
  • 1日に聞く英語の量を増やす

自分に当てはまるといったところがあればそこを重点的に見直してもらいたいと思います!