TOEIC600点取るための勉強法

TOEIC600取るためにやることはそこまで難しくはありません。TOEIC500点代の人はさらに勉強すれば簡単に取ることが出来ると思います。

600点を目指すというよりは、ハイスコアを目指して勉強した結果600点を達成するという風に勉強したほうが良いです。

TOEICのスコアはある程度までは勉強時間量に比例して伸びると思っています。

600点を目指す勉強だと失敗して600点未満になる可能性がありますがより高い700点を目指す勉強をしていれば600以上700未満で抑えれる可能性があります。

この記事では

  • TOEIC600点取る勉強法
  • TOEIC600点取るためにやるべきこと

についてまとめていきます!

TOEICの600点取るためのおすすめ問題集、単語帳

TOEIC600点取るためにそんなにたくさんの問題集は必要ないかと思います。基本的に模試問題集を使い倒していけば600点は取れます。

600点取るためなら英単語帳と模試問題集があれば大丈夫です。

TOEICテスト模試問題集

公式のTOEIC模試問題集でも良いですが、TOEICテスト新形式精選模試やTOEICL&Rテスト至高の模試600問などもおすすめです。

自分が良いと思う1冊を用意しましょう。個人的なおすすめは新形式精選模試です。模試がなんと5回分も入っているのでめちゃめちゃお得です。

英単語帳は金フレかスピードマスター

英単語帳はTOEIC対策用のものをやるのがおすすめです。

TOEICテストにはTOEICに良く出る英単語があります。それを収録してある英単語帳を使って単語を覚えていくのが効率的です。

おすすめはTOEIC定番の金のフレーズかスピードマスターがおすすめです!

中身についてはこちらをごらんください↓

TOEIC英単語帳おすすめを紹介!これだけやっておけば間違いない!

TOEIC600点取るための勉強

TOEIC600点取るためにどんな勉強をやっていけば良いか紹介します。

英単語帳で単語を覚える以外は基本的に模試問題集を使った勉強をやっていきます。

まずは英単語を覚える

TOEIC対策用の英単語帳を1冊買ったらそれをとにかく覚えるまで何周もしていきましょう。

英単語を覚えるだけで英文が読めるようになるので問題が格段に解きやすくなります。意味が分からない英単語を減らしていくことで速読が出来るようにもなっていきます。

また英単語の意味が分かるだけで文の内容がどんな事を言っているかおおよその推測も出来ます。

リスニングでも英単語を知っているかどうかで差がついてきますので英単語を覚えることは優先的に行ってください! 

模試問題集でリスニング、リーディングの勉強をしていく

  • リスニング・・・模試問題集でディクテーションとシャドーイング
  • リーディング・・・模試問題集のpart6,7を何回も音読

リスニングの勉強は模試問題集でディクテーション、シャドーイングをやります。初めはpart1,2でやる方が短文でやりいやすいと思います。

慣れてきたらpart3,4もやっていきましょう。part3,4は各問題を聞きまくるというのも1つの手です。

聞き流して意味があるか不安かもしれませんが、当然ですがやらないよりはやったほうが良いです。

英語特有の発音に慣れるということも出来ます。聞き流すだけなのでやる気が出ないときなどにやるのもおすすめです。

リーディングでは模試問題集のpart6,7を全部音読していくのがおすすめです。TOEIC600を目指すなら音読だけでいけます。

模試→勉強を3回繰り返せばOK

模試1回分をやって模試問題集を使って上記の方法でリスニング、リーディングの勉強を行います。

これを3回繰り返せばTOEIC600点は取れます。模試問題集などで同じ時間で本番と同じような問題を解くということは必ずやってください!

600点取れそうになるまで勉強してから模試問題集をやるとかでは効率が悪いです。自分が間違った勉強法でずっとやっている可能性もあるので。

模試をまず初めに解いて自分がどれくらい点数が取れるか分かったら、3,4週間くらい勉強してまた模試を解いてまた勉強。

この繰り返しでやっていけばスコアは伸びていきます。

実際にやってみると分かりますが慣れって本当に大きいんだなと感じます。

まとめ

冒頭でも書きましたが、ある点数までは勉強量に比例してTOEICのスコアは伸びます。

TOEIC600点取るのであれば、模試問題集をベースにした勉強をしっかりやっていけば取れるので継続して勉強を頑張ってください!

TOEICおすすめ問題集・参考書【厳選して紹介!】